遊ばざるもの働くべからず
surfstyle.exblog.jp

いつも心に太陽を。。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
エミリー・ローズ
f0076788_11484370.jpg
昨日、観ました。










実話をもとに、“悪魔の存在”に迫る法廷サスペンスということでかなり興味深々。
実は、こういった実話もの大好きです。

ストーリーを簡単に言うと、
ある日、エミリー・ローズというごく普通の女子大生が突然、激しい痙攣を起こした。
何かが取り憑いているのではないかと思った彼女は、ムーア神父に悪魔祓いを頼むのだが、その甲斐なくエミリーは命を落としてしまう。
過失致死で起訴されたムーア神父の裁判にて、彼女の死が単なる病気だったのか、それとも悪魔が取り憑いていたのかという法廷での論争を描いたもの。

実話ということで、普通のホラー映画のような『ワー』『キャー』言ってしまうようなサプライズ的要素はあまり無いのだが、逆に実話ということで感じる恐怖がある。
また、法廷での場面も多い為、普通のホラー映画より難しいと感じてしまうことは否めないが、個人的には満足感のある作品だった。

また、霊感など全く無い僕であるが、悪霊の憑依の存在についても考えさせられた。


余談だけど、主人公のエミリー・ローズ役の子は、取り憑かれてなくても表情が怖かった。。(苦笑)
[PR]
by slow_surf | 2006-03-27 12:17 | movie