遊ばざるもの働くべからず
surfstyle.exblog.jp

いつも心に太陽を。。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
偶然の出会い。
自由に関して学んだことの中で一番重要な学びは、自由は私に、自分自身の
真実の決断をする機会を与えてくれたということだ。
この、自分で行う決断の最もすばらしい部分は、たとえものごとがうまくいかなく
なったとしても、自分以外の誰をも責めることはできないところだ。
自由になれば、ものごとがそうあるべきだと教えられた姿ではなく、ありのままの
真実の姿で見えるようになる。
自由は、私をとりまく真実で魂を満たしてくれる。そして、私に希望を与える。
信じられないかもしれないが、自分の人生にチャンスを与えようと思いさえすれば、
誰にとってもこの世界は、魔法と、すばらしい場所と、すばらしいアイディアに満ち
ているのだ。

過ぎ去った過去も、その時点では”今”だった。
私たちはなぜか、悪い体験は忘れ去り、喜びの瞬間ばかりを大切にして、いつも
覚えていようとする心を持っているようだ。
過去は、私たちがいる”今”という瞬間のつみ重ねから成り立っている。
そして、幸せな過去を思い出せば思い出すほど、今がすばらしい瞬間に満ちて
いることがわかるのだ。
そこで、私はにっこりとほほ笑み、もう一度思いなおす。今度は悲しくない。
とはいえ、幸せだというわけでもない。
ただ、人生には感謝すべきことがとてもたくさんあるのだと気づくのだ。
昔のことをなつかしがっても、過去に戻れるわけではない。
けれど、感謝すべきたくさんのものが、今この瞬間に生きているのだと私に
感じさせてくれる。
そして、未来を楽しみにするようにと教えてくれる。






僕の元に届いた1冊の本の一部を抜粋↑↑↑

サーファー・ショーンの教え(著:セルジオ・バンバーレン)
f0076788_1382597.jpg


波乗りをしているから感じることなのか、そうでなくても共感できたのか、
今の僕の状況がそう思わせたのか、みんながそう感じるのか、

それはわからないけど、この一冊の本のおかげで、窮屈に視界を狭められていた
僕の心に光が差し込み、一気に視野が広がった気がした。

そして少しずつだけど、悩んでたことが前に向かっていく糧になり始めてきた気がする。

周りの状況、環境ではなく、結局は自分の気持ちの問題なのかもしれない。
人のせい、環境のせいにするのではなく、今自分ができることを精一杯やる。
そして今の自分が少しでも満ち足りていると感じるなら、そこには過去に携わった
多くの人々がいるということ。

感謝です。。

そして、今このタイミングでこの本に出会えたことも、感謝です。。

さぁて、これからも頑張っていこう!!


波乗りは、とてもたくさんのことを教えてくれる。
たとえば、自分の望みを達成するために、
どれだけ永く待たなければならないのかということや、
人生で最もすばらしいものは、タダだということなどをね。
                      ・・・・・・本文より

[PR]
by slow_surf | 2006-06-07 13:50 | so good