遊ばざるもの働くべからず
surfstyle.exblog.jp

いつも心に太陽を。。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
波の日のひとりごと。
f0076788_2257685.jpg
7/3、今日は波の日。

以前、波と言われて思い浮かべるのはやはり音だった。

いや、津波を除けば音以外のイメージはなかったかもしれない。


でも、それもしょうがない


波の音は聞くことはあっても、波に触れることなんてほとんどなかったんだから・・・。

それが今では波があるか、ないかで一喜一憂し、

その日の行動すら変えてしまう程、大きな存在になっている。


よく 『同じ波は二度と来ない』 と言われる。

サイズ、割れ方、パワー、厚み、スピード、間隔、etc・・・

どの波もそれぞれ違った顔を持っている。

また、風や砂浜の砂の動き(地形)、潮の満ち引きによっても刻一刻と変化を繰り返す。


そんな中で、自分にとって最高と思える波との出会いを心待ちにしている。

ジェリー・ロペスも波乗りの魅力は 「待つことにある」 と言っていた。
(この話については、すごく面白いのでいつかこのBlogでも紹介したいな)

何をして待つかは人それぞれ。

でも、みんな恋人を待つかのように首を長くして最高の波を待っている。


次に来る波が人生で一番最高の波かもしれない。

そんなこと考えたら、やっぱり必死になっちゃうよな。

僕は、そんな波との一生に一度の出会いを大切にできるようになりたい。



どうやら、なかなかうまく乗れないからって、ふてくされている場合ではないようです。。
[PR]
by slow_surf | 2006-07-03 21:25 | hitorigoto