遊ばざるもの働くべからず
surfstyle.exblog.jp

いつも心に太陽を。。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
週末は癒し地へ。
f0076788_23381264.jpg

週末は千葉へ波乗りに。
目的地は、この林を抜けると一面にきれいな水のビーチが広がる
僕の一番好きなあのポイント。

あまり波があることが少ないこのポイント。
残念ながらこの日は波もあまり良くなかった。

近くにもっと波の良いポイントがあるのに、彼女が僕のわがままを
聞いてくれました。

何故ここが好きなのか?
水がきれいだから? 人が少ないから?

う~ん。なんか違うな。。

なんだか心が洗われるような気がする。そんな感じかな・・・




f0076788_23515631.jpg
初めのうちは、うねりは入ってくるものの
なかなか割れない。

引き出してからは、だいぶ良くなってきた。
って言ってもサイズはあってモモくらい。

彼女は少々ご不満の様子。

それでも2時間くらい、ほぼ貸し切り状態で
それなりに楽しめました。

最後の方は時折腰くらいのサイズのセットが
入ってきたけど、同時に風も入り出して上がる
ことに。

f0076788_022242.jpg
とりあえず、着替えを済ませて別のポイントに
移動しながら昼食。

道の駅の中にあるよく行く定食屋さんへ。

僕は天丼。彼女はマグロのかま煮定食。
さすが千葉。海の幸は絶品です。
エビなんてプリプリ。
食べかけですんません。。


2ラウンド目は、ちょっと北上したポイントへ。
サイズは腰くらい。さすがに混雑。

千葉はやっぱり湘南に比べるとショートの比率が高いかも。
完全に雰囲気が違います。ちょっと焦ることもしばしば。。

強風の中、1時間ちょっと入ってもうぐったり。

『なんか帰るの面倒じゃない?』、『泊まってく??』
ってことで宿探し。

1ラウンド目のポイントの近くにペンションがたくさんあったので
素泊まりで泊めてもらえるよう交渉することに。

とりあえず、いくつかある中のひとつのペンションへ。
そこで、今までに会ったことのないような素敵なおっちゃんに出会うことに・・・

僕ら  『すいません、素泊まりで泊まりたいんですけど空いてますか?』
おっちゃん 『空いてるよ』
        『でもどうしようかな?』
僕ら  『ん?』
おっちゃん 『素泊まりだったら姉妹店方が安いからさ』
        『しかも姉妹店は朝食付くよ。うちは付かないけど。』
僕ら  『じゃあ、姉妹店の方で。』
おっちゃん 『でもうちには露天風呂あるよ。』
僕ら  『えっ!マジ??う~ん・・・』
おっちゃん 『うそうそ。安いほうがいいっしょ?』 (露天風呂があるのはほんと。)
僕ら  『はい』

もうこのやり取りのの時点で、おっちゃんのソフトな話し振りと笑顔と時折見せる
オヤジギャグにかなり魅了されてましたが、僕らが姉妹店に向かうときに

『もし明日も海入るなら、うちのシャワー使っていいからさ。温水だから。』
『あと駐車場も勝手に使っていいから。』
だって。 なんていい人なんでしょう。

次回泊まる機会があった時は、絶対におっちゃんの所に泊まろうと心に決めました。

f0076788_0231669.jpgその後はスーパーに買出しに行き、いつもの
ごとく宴会です。ふたりで。。
スーパーで買ったアジの刺身もおいしかった。

翌日は予想はついてましたが、ものすごい風
と雨。
波乗りはあきらめて、ゆっくりと宿で朝食。
(朝食付きにして良かった^^)

そしてそのまま帰ることにしましたが、ここで
ハプニング。
金谷港-横須賀を結ぶフェリーが欠航。。
久しぶりにアクアラインで帰ることに。
雨すごいし、横風すごいし、もう大変でした。。

でも、こういうのも振り返るといい思い出になる
んだよね。

てなわけで、個人的には何故か癒しを求めていた今回の久々の遠出。
突然の宿泊や、強風や豪雨によるバタバタ、それとここでは明かしていない深夜の
すったもんだなどいろいろありましたが、なかなか良いものでした。

やっぱり、車でちょっと遠出すると波乗り以外にもその場所ならではのおいしい食べ物が
食べれたり、素敵な出会いなど、いろんな出来事があるのがいいんだよなぁ。
[PR]
by slow_surf | 2007-03-26 00:50 | surf